松陰神社

松下村塾(世界文化遺産・国指定史跡)

松陰先生が安政4年(1857)年主宰した私塾。移築ではなく、当時からこの位置に建っていました。
ここで、明治維新を成し遂げた、数多くの人材が育ちました。
平成27年7月5日、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。幕末志士や、明治維新後の日本を作った偉人さんたちの多くが松陰先生から学んでいたそうです。
みんな日本のためにって、命掛けて生きていた人たち、いっぱいいた時代だったんですねぇ。。。
明治維新胎動之地、山口県萩市鎮座
松陰神社は、吉田松陰先生を祭神としている山口県萩市の神社です。
明治40年(1907)創建。現社殿は昭和30年(1955)に竣功されたそうです。↑石碑「明治維新胎動之地」
昭和43年(1968)、明治維新100年を記念して建立。
着いたときは大雨降っていたのだけれど、鳥居をくぐったら、太鼓が鳴って、雨も上がって青空が出てきました!境内で、『松陰だんご』を発見。
やっぱり食べたくなっちゃって♪

ななは、ピンクの桜だんごを選びました(^o^)
ゆず味噌が塗られていて、いい香りでした♪♪♪

防府天満宮に続き、学びの神さまに、立て続けにご挨拶です。。。
お仕事もしなくちゃだけど、勉強もたくさんしたいなぁ。。。

金子みすゞ記念館

広島のおばちゃんおススメされた、金子みすゞ記念館にやってきました。

童謡詩人『金子みすゞ』の生誕100年に当たる平成15年4月、
みすゞが幼少期を過ごした金子文英堂跡地に記念館がオープンしたそうです。
遺稿集や着物などの遺品を展示した常設展示室、みすゞさんの詩の世界を音と光で体感できるみすゞギャラリーなどを備え、
みすゞさんの生涯や生きてきた時代を偲ぶことができる記念館です。
生活していた空間が再現されていて、
あちらこちらに、その空間と合わさった詩が、掛けられていました。

とっても素朴だったり、かわいかったり、やさしかったり、穏やかさを感じる詩ばかりでした。
きっと、平和にに大切にされて育った子だったんだろうね、ってお母さんとお話しながら見学しました。
いろいろ大変な時代でも、そういう家庭があったんだなぁって、よかったなぁって、思いました。

みすゞさんは、26歳という若さでこの世を去ってしまいます。
穏やかにやさしく育ちすぎて、心の痛みに耐え切れず、若くして命を絶ってしまったのかな・・・?
なんて、感じたりもしました。。。他の道も、きっと、あったのに。。。

最初にある展示室の、遺稿集やみすゞさんの生涯の大きな年表やその所々にある詩を読んでいたら、
年表を読み終わるころには、次の目的地へ向かう時間に・・・。
ひとり旅ではないので、のんびり過ぎることは、出来ないですねぇ(^ ^;

ななが奥のギャラリーや展示を見られなかったから、お父さんが、みすゞさんの詩集を買ってくれました。
のちほど、ゆっくり、味わいたいと思います(^ ^)

元乃隅稲成神社

元乃隅稲成神社は、島根県津和野町太皷谷稲成神社から分霊された神社で、
商売繁盛、大漁、海上安全は元より、
良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神です。
「稲荷」神社は全国で四万社ほどありますが、「稲成」神社は二社のみだそうです。

↑鳥居の真ん中に備え付けられている賽銭箱に、たくさんの人がお賽銭を投げていて、
 運動会の玉入れみたいな雰囲気になっていました。お写真でも分かるように、観光バスも、自動車もいっぱいで、駐車場に入るまでに、ものすごく渋滞していました(*_*)
カーナビにも載っていない場所で分かりにくいのですが、山口イチの観光名所になっているそうです。順路は一方通行にされていて、下から参ります。にょきにょき~って蛇(龍?)みたいに延びる真っ赤な鳥居!圧巻!
ずいずいとくぐって行きました(^ ^)無人な感じの神社なのに、こんなに人が集まるなんて、すごいですねぇ。

おひさまが西に傾き始め、まぶしいまぶしい海の景色です。

角島大橋

この風景、有名ですよね!!
ついに行っちゃったんです、角島大橋!

絵に描かれているみたい。ほんとに綺麗でした。
広島から来たため、お昼に着きました。
太陽が高い位置の、ちょうど良い時間につけたみたいで、
海もエメラルドグリーンも、とってもキレイな色の時間に見ることができたみたいですv(^ ^)v

橋の左側のほうの波立っているところは、ちょうど満ち潮の潮が流れているところでしたよ。ちょっと端の向こう側へ渡ってみます。
端の向こう岸には、灯台があったり、食堂やお土産屋さんがあったり、でした。
ちょこっと砂浜を歩きました。
白い砂で、南の島みたい(*´∀`*)

海も久しぶりだし、ずっと眺めてたいなぁ。。。
と思うけれど、次の目的地もあるので、島をぐるっとドライブして、橋を戻りました♪

防府天満宮

防府天満宮(ほうふてんまんぐう)は、山口県防府市にある神社です。
菅原道真を学問の神として祀った天満宮で、
道真が亡くなった翌年である延喜2年(904年)に創建され、「日本最初に創建された天神様」と言われているのだそうです。

京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮と並んで、日本三大天神と言われています。

社殿がとっても美しかったです。
本殿の前に来ると、太鼓が鳴って、本殿の中で、巫女さんが鈴を鳴らしながら舞を舞いはじめていました。
なんだかステキ(^o^)こちらは、春風楼。
文政五年(1822)五重塔を建立予定だったそうですが、天保二年(1831)不慮の支障に遭い一時中止に。
塔の設計を現在の重層の楼閣様式へ変更して明治六年(1873)に完工したそうです。
ここからは街を眺め下ろせます。
↓中にはこんな立派な双龍の彫り物がありました。お参りした後、お参り前に参道に美味しそうなもの見つけたので、食べました♪
nanaは、ピンクの梅あん餅、お父さん・お母さんは、よもぎ餅。
お餅が、鉄板に挟まれて焼かれてるみたいなんですけれど、
アツアツで、やわらかモチモチで、中の梅あんこも美味しくて、これ満足でした(*´∀`*)
『天神餅』なんてお名前だから、頭良くなるお餅かなぁ?期待して完食。
よもぎは、ななはアレルギーあるので、味見できなかったですが、
よもぎのお餅に、あずきのあんこだったみたいです。とても美味しかったって(^o^)
とっても人気のお店みたいv(^ ^)v

『ア・ラ・カンパーニュ』さんでショートケーキ

nanaの、ケーキの中でのいちばんは、”ショートケーキ”!
やっぱり、イチゴがすき!!

ア・ラ・カンパーニュ』さんは、いつもフルーツいろいろ♪
色鮮やかで好きなお店です(^o^)

↓こちらは、先輩の食べてた”ガレット・オ・フリュイ”。
 サクッとしたガレット生地にマスカルポーネクリームがのっているんですって♪

ピンクッションの刺繍

飛行機の機内で・・・
新幹線の車内で・・・
宿泊先で・・・は、疲れて即効寝てるかな(笑)

ちくちく、ちくちく、進めております・・・!

やっぱり初めてのことは時間がかかりますね(笑)
母の日までに出来るかなぁーっっ(*_*)

オリジナルの絵柄で、ピンクッションを2つ作りたいと思っています☆