『ア・ラ・カンパーニュ』さんでショートケーキ

nanaの、ケーキの中でのいちばんは、”ショートケーキ”!
やっぱり、イチゴがすき!!

ア・ラ・カンパーニュ』さんは、いつもフルーツいろいろ♪
色鮮やかで好きなお店です(^o^)

↓こちらは、先輩の食べてた”ガレット・オ・フリュイ”。
 サクッとしたガレット生地にマスカルポーネクリームがのっているんですって♪

広告

宮島の楽しみ方~番外編 カフェでひとやすみ

たくさん歩き回って、けっこう疲れてたので、ちょっとひと休みしたくなったころ
大聖院から、フェリー乗り場へ向かう途中に見つけたカフェ見つけました♪
お店の名前はどこにあるのかな?w
こちらは、クリームあずき。
おいしそうでしょ~(๑>◡<๑)
あんこが最高!!

で、こちらは、ななの好物、ぜんざいです!↑小豆が大粒でしょ?(^o^)
栗は、このお店で甘露煮にしているんですって!
お餅もこんがり焼けていて、いい香り♪
ぜんざいづくりをよくするお母さんも、美味しいわ!って満足していましたv(^ ^)v
良かった♪

→宮島の楽しみ方
宮島の楽しみ方⑪黄金に輝く海と大鳥居
宮島の楽しみ方~番外編 カフェでひとやすみ
宮島の楽しみ方⑩大聖院(だいしょういん)へ
宮島の楽しみ方~弥山山頂で”うえの”さんのあなご飯弁当
宮島の楽しみ方⑨不動岩・くぐり岩をぬけて弥山山頂へ
宮島の楽しみ方⑧弥山(みせん)の霊火堂・三鬼堂へ
宮島の楽しみ方⑦弥山(みせん)へ
宮島の楽しみ方⑥〔世界文化遺産〕厳島神社へ
宮島の楽しみ方⑤〔重要文化財〕千畳閣と五重塔
宮島の楽しみ方④焼きたてもみじ饅頭
宮島の楽しみ方~番外編 桜の名所
宮島の楽しみ方③フェリーで宮島へ
宮島の楽しみ方②宮島へ渡る前にあなご飯
宮島の楽しみ方①路面電車(広島電鉄)

宮島の楽しみ方④焼きたてもみじ饅頭

宮島に上陸です!

船着場から、表参道商店街を目指します。
ここは、観光客の方々でいっぱい!!
おみやげ屋さんや、お食事処がたくさんあって、にぎやかで楽しいです♪

ななは、宮島に上陸したら、まず、焼きたてもみじ饅頭!
ちょこっと小腹を満たして、ひと休みしてから、宮島観光です♪

焼きたてもみじ饅頭のオススメは、表参道商店街にある『藤い屋』さんです。
ここは、老舗のもみじ饅頭屋さんで、以前に広島のおばちゃんに連れてきてもらったお店ですv(^ ^)v
焼きたての生地は、外がサクッと、なかはフワッと♪
アツアツの上品なこしあんが、はじっこまでたっぷりです(๑>◡<๑)
おみやげで買う箱入りも美味しいけれど、焼きたては別ものだ☆

やきたてもみじ饅頭1つ&お茶のセットで、150円です♪
お茶もね、美味しく淹れてくださるのですョv(^ ^)v
綺麗な店内で、リーズナブルな、うれしいおやつ♪

商店街には他にも、いろんな美味しそうな食べ歩きメニューもあるんですけれども、
ここでしか味わえないもみじ饅頭、ぜひ、お試ししていただきたいです!
→宮島の楽しみ方
宮島の楽しみ方⑪黄金に輝く海と大鳥居
宮島の楽しみ方~番外編 カフェでひとやすみ
宮島の楽しみ方⑩大聖院(だいしょういん)へ
宮島の楽しみ方~弥山山頂で”うえの”さんのあなご飯弁当
宮島の楽しみ方⑨不動岩・くぐり岩をぬけて弥山山頂へ
宮島の楽しみ方⑧弥山(みせん)の霊火堂・三鬼堂へ
宮島の楽しみ方⑦弥山(みせん)へ
宮島の楽しみ方⑥〔世界文化遺産〕厳島神社へ
宮島の楽しみ方⑤〔重要文化財〕千畳閣と五重塔
宮島の楽しみ方④焼きたてもみじ饅頭
宮島の楽しみ方~番外編 桜の名所
宮島の楽しみ方③フェリーで宮島へ
宮島の楽しみ方②宮島へ渡る前にあなご飯
宮島の楽しみ方①路面電車(広島電鉄)

クマヤキ

2017-02-14aこないだ、北海道新聞の夕刊に載っていた話題の「クマヤキ」目指して、行ってきました♪
人口5千人ほどの小さな町、津別町の道の駅 あいおい です。
2017-02-14b商標登録もされているクマの形の「たい焼き風」のお菓子「クマヤキ」。

6年前に生まれた、超ローカルフードだった「クマヤキ」ですが、
東京の「北海道物産展」に参加させるため、東武百貨店池袋店のバイヤーさんに依頼したところ、
クマヤキの美味しさとルックスの愛らしさに「これはヒットする!」と
2017年の1月に開催された、東武池袋の「北海道物産展」出店が実現したのだそうです♪
2017-02-14c☆ヒグマ
北海道産小豆100%。
生地は「道の駅・あいおい」で作られる〝手作り豆腐〟と同じ豆乳で練られた生地。

☆シロクマ
中の”あんこ”はヒグマと同じ。
生地に〝タピオカ粉〟を使っているため、色が白くて、もっちもち食感。

☆ナマクマ
ヒグマを冷蔵庫で冷やして、背中を割って、そこから生クリームを入れたもの。
”冷”クマヤキ。
2017-02-14dパッケージもかわいぃ♪♪♪2017-02-14ed↑これナマクマ。
生クリームとあんこのハーモニー☆彡

道の駅の中のストーブの前で、食べました。
ヒグマは、もっちり♪しっとり生地で、あんこたっぷり!!
シロクマは、超も~っちもち!こちらもあんこたっぷり!

あんこが、しっとり甘さも控えめで、とっても美味しかったです!
たい焼き大好きで、あちこちで食べていますが、たい焼きを超しますね、クマヤキ(*´∀`*)!!
食べに来てほしいです~☆彡

↓シロクマ、ヒグマ
2017-02-14e

北菓楼のシュークリーム 夢風船

2017-02-12a
北菓楼のシュークリームは、おみやげに人気のシュークリームです♪
nanaも、札幌みやげで、4種ほど、食べたことがあります(^ ^)

ジャンボシュー「北の夢ドーム」
シュー皮がパイ生地でできているジャンボパイシュー「夢不思議」
こくのある卵と北海道産の牛乳が口の中でほんのり広がる「ミルクシュー」
ドーナツのように油で揚げたシュー皮が絶妙な「イタリアンミラノシュー」
もちもちした生地をちぎって食べる不思議なシュークリーム「ピスコット」
イチゴやゴマ、マロンなど旬な素材を使って作られる月替わりのシュークリーム「今月のシュー」
砂川本店で週に1度しか作られない「究極シュー」などなど、
たくさんのシュークリームがあります。

今回は、店員さんオススメの千歳空港限定の「夢風船」を、実家へのおみやげにしました♪
紙カップに入ったカップシューです☆彡

紙カップに入れたままスプーンで食べる形みたいですが、
紙カップから、キレイに外れちゃったから、そのままかぶりつきましたw

中はくりーむがた~~~っぷり!!
上のほうは、甘いフォンダンのかかった、カリッとしたシュー生地。
次に、上の皮を中のクリームと合わせて味わって、
下のほうにいくと、クリームともっちりシュー生地で食べきります♪

カスタードクリームにマスカルポーネチーズが入っているし、
甘さも抑えてあるのかな?ふだん食べるシュークリームよりも、後味スッキリな感じで、
シュー生地も、バターが多すぎない感じがして軽く、
大きいシュークリームなのに、最後まで美味しく食べられました☆彡

↓大きいでしょ~v(o^^o)v また千歳空港行ったら買いたいです♪
2017-02-12b

だいすきルタオ♪

2017-02-04a小樽に来たら、やっぱりルタオでティータイムを過ごしたくなっちゃうnanaです(^ ^)
今回は、1月だからかな?前回訪れた秋とは違って
季節限定メニューがなかったので、通常メニューから選択しました(^ ^)

nanaの注文は、上の写真の、”ベリーミルクドゥーブル ”。
下層は、イチゴとラズベリーで甘酸っぱく仕上げたベイクドチーズ層。
上層は、希少な北海道産ジャージー牛乳とイタリア産マスカルポーネチーズのレアチーズムース!
こぶりなのに、濃厚なので満足できますv(^ ^)v
ベリーの甘酸っぱさがあるので、プレーンな”ドゥーブルフロマージュ”よりも、
nanaには食べやすい感じがしました♪

下の写真は、弟の注文した、生チョコレートクリームのショートケーキ。
(名前忘れちゃったw)
ひとくち味見貰いました♪
甘すぎず苦すぎず美味しいチョコクリームのケーキ(^ ^)

やっぱりルタオのスウィーツは美味しいです♪
小樽に来たら、ぜひお立ち寄りくださーぃ☆彡
2017-02-04b

『つばめグリル』さんの焼きりんご

2016-12-21-14-35-08ちょっと前に、つばめグリルさんに、ランチへ行きました♪

【つばめグリルさんHPより】
つばめグリルの創業は1930年。
つばめという名前の由来は、“特急つばめ”にちなんでいます。
“特急つばめ”という名の列車が最初に東京駅を出発したのは、1930年(昭和5年)10月1日のことでした。
当初この列車は新橋にも停車していたのですが、やがて新橋には停車しなくなり、
新橋駅寄りにあった当店は惜しむ地元の人々の声に押され、“つばめ”の名を後世に残すべく、“つばめグリル”と命名されました。

ここのランチはお得です☆
メイン料理の前に出てくる、まるごとなトマトのサラダが大好きです(*´∀`*)

腹ペコで、サラダも、メインもぺろりと食べてしまって、うっかり撮り忘れましたが、
デザートの焼きりんごをご紹介☆

りんごの季節限定のメニューみたいです。

これは、かなり美味しいです!!
中から、バニラアイスクリームが出てくるのです(๑>◡<๑)!!
熱々りんごさんなので、ものすごい速さでアイスクリームが溶けていきますけれども、
溶けたアイスクリームもソースになって、さいこー♪でした!

また食べたい・・・☆