笹屋伊織さん 春のお菓子

東京は、すっかり桜が満開で、春いっぱいですね!!

先日いただいた、桜のお菓子をご紹介!

京都の老舗和菓子 笹屋伊織さんの春のお菓子です♪
さくらお菓子が大集合です(*´∀`*)

右から、
伊織のさくら・・・桃山製(こしあん桜風味)とってもカワイイ!!
さくらしぐれ・・・しぐれ生地に、桜風味のあん。ほろほろと口の中でほどけます(*´∀`*)
桜道明寺・・・桜の粉末をこしあんに混ぜた上品な甘さ。モチモチです♪

デパ地下などで見つけたら、ぜひお試しくださいです♪

広告

道内のおみやげ♪

本日は、道内のおみやげのご紹介♪
道内でおでかけって、だいたいどこいっても遠出になるから、おみやげいただく機会が多いですね(笑)

『小樽色内通り フロマージュ』
nanaのブログでよく紹介しています小樽のお菓子屋さん”ルタオ”のお菓子です!
ルタオのこだわりラングドシャクッキーに、ルタオのチーズケーキに使われているチーズを使用したホワイトチョコレートを挟んであります。
サックリした食感が特徴的です♪
ほんとに、あのチーズケーキの味がする~(*´∀`*)
『蔵生Petit ハスカップ』
丘の上の菓子工房”ザ・さんくろうど”、旭川のお菓子屋さんです。
蔵生(くらなま)・黒は、ソフトなビター生チョコの入ったサブレ、
蔵生(くらなま)・白は、ホワイト生チョコの入ったサブレです。

サックリしてて中しっとり、、やわらかな食感が特徴的です♪
なんだか不思議なお菓子(^o^)美味しかったですっ☆
『六花のつゆ』宝石のようなボンボン。
”六花亭”のおみやげ、帯広のお菓子屋さんです。

お砂糖の薄い膜で香りよいお酒を包み込んだボンボン♪
ワイン、ブランデー、うめ酒、ペパーミント、コアントロー、ハスカップ味。
コアントロー・ブランデーは紅茶に5~6粒入れるのもおススメだそうです(*´∀`*)
写真撮り忘れましたが、綺麗なお菓子ですっ☆(^o^)

博多美月

2017-01-12b博多のお土産いただきました!

【博多新創菓 博多美月】
福岡県産ブランド“あまおう”を使用し、格別な風味と、
芳醇なバター及びアーモンド風味のコクのある香ばしさにこだわった、
しっとり感たっぷりのフィナンシェです。

そか、あまおうは福岡県産ブランドだったのでしたっけ!!
nanaは、いちごの中でも、あまおうが好きです♪

パッケージも、お菓子の形も、すごくカワイイですよね◎
お月さま!

バターとアーモンド、いちごの香りがホントにしっかり香ります♪
フィンランシェらしく、サックリとしっとり食感のあるお菓子でした。
いい香り~です。美味しい♪

ごちそうさまでしたっ☆
2017-01-12a

東京 銘菓ひよ子

2017-01-12aaおみやげお菓子。
旅先でみつけたり、おみやげで頂いたり、差し入れだったり、いろんなお菓子を手にします。

その土地の名産を使っていたり、伝統お菓子だったり、流行のお菓子だったり・・・、
nanaは、あまり地域の歴史や情報とか、日本人の一般常識をあまり知らなかったのですが、
おみやげお菓子から、吸収できることもあったりして、
nanaの足りない一般常識が少しずつ増えていきますv(^ ^)v
おみやげには、食べるだけじゃない、学べる楽しさ色々つまっております♪

そんなnanaの、nanaのおみやげ紹介シリーズ(笑)
みなさんご存知『東京 銘菓ひよ子』さん。

だいすきなお菓子!

とにかく愛らしいお姿ですっ☆
こっち見てる?
頭から食べるか、お尻から食べるか・・・て、みんなが困りますね(笑)

東京土産かと思っていましたが、生まれは福岡県飯塚市!
東京での販売は、昭和39年。
日本中に銘菓ひよ子を知ってもらうため、東京に進出。とのことです。

【東京 銘菓ひよ子】
隠元豆を使用して作り上げた、滑らかでやさしい甘さの黄身餡を、
しっとりとした香ばしい皮で包んでいます。

(おまけ知識)
隠元豆(・・・インゲンマメってこんな漢字だったのですね!またひとつ賢くw)
南アメリカからヨーロッパを経由して中国へ伝わり、明の僧であった隠元禅師が、
1654年(承応3年)に来日した際、日本へ持ち込んだことから「隠元」の名がついたといわれる。

おみやげのマシュマロ

2015-09-25a
京都のお土産に、マシュマロをいただきました。
なんてかわいいマシュマロさん♪

うさぎ・・・バニラとレモン味
ひよこ・・・バターとミルク味
こぶた・・・イチゴ味

となっております。
たいていはゼラチンで固めてる気がしますが、こちらは、寒天が使われていました。
硬さもけっこうしっかりしたマシュマロです(^ ^)

お仕事しながら、つまんでいます♪