雪山を登ってみました!

白樺(シラカンバ)に似てるけど、こちらはダケカンバ

軽めに登れる羅臼の雪山に、羅臼のガイドさんにお願いして、登ってきました!
羅臼は、知床の一部になります。
家からはそんなに離れていなくて、車で1時間くらいです(^_^)/

観光の人たちが来ないという場所だそうで、
他の人の足跡がない雪山を登ってきました!


そして、初スノーシュー!!
スノーシューは、プラスチックかんじきとは全然違って、
刃がついてるので、雪を離さず、急な斜面もしっかりあるけます。

最初の登りは、スノーシューにも慣れないので、
ちょこっと足が疲れましたが、慣れてくると、すっかり歩きやすくて、
全然疲れも出ませんでしたw

空気は冷たく澄んでいて、音も雪の上を歩く音だけ。
静かな山道。

子どものころは近所に、同世代の子がいなくて、
雪の中あちこち独りで歩きまわっていたこと思い出しました。
意外に探検家だったのかな(笑)

中間くらいまで登った平地

我々の足跡以外の足跡は、みんなエゾシカさんたちの足跡!
雪から頭を出してる、クマザサなんかを食べに来てるんだって。

でも、気配は感じず。
このあたりは猟師さんがいるそうで、シカさんたちは、人の気配がするとすぐ逃げちゃうそうです。それは、ちょと残念。

てっぺんでは、お湯を沸かしてもらって、
あったかいミルクティー!で、ひとやすみ。
雪山であったかいのって、しあわせになりますねw

そのあと、ポカポカスープで、お昼ごはんを食べて。

お借りした、とっても歩きやすいスノーシュー!高いんだってw

お昼を食べ終えたら、下山です!

平地は、またテクテク進んで、
急斜面は、ソリ( ↑写真にある黄色のもの )で滑って スイっとおります♪


とっても楽しい雪山体験でした!!
春や秋の登山もいいけど、雪山が好きになりました(*^_^*)
そり滑りが最高w

ガイドさんと一緒じゃないとキケンもあるので、
なかなか行ける場所ではないですが、雪山登山おすすめです(^_^)/

冬の時期の羅臼は、お天気が不安定だそうです。
でも、この日は、風もなく、あったかくいいお天気でよかったです!

てっぺんからの景色!流氷がきてる!

広告

冬の釧路湿原をカヌーで!!

氷が浮いてるところ進んで行きます!

冬の釧路湿原に行ってきました!
ずっとしてみたかった 湿原カヌー(^_^)/
この日は、とても気温が下がって川が凍っちゃって、氷がいっぱい(笑)
ガリガリ、ゴリゴリいいながらカヌーは、進みます。

先輩が遊びに来たので、一緒に乗ってきました!
↓カヌーは、こんなかんじ。

ガイドさんが、ほとんど漕いでくれてたみたい(笑)

釧路湿原国立公園に指定されている面積は約2万8000ヘクタール。
東京23区がすっぽり収まる広さだそうです。
釧路湿原には、約700種の植物と、約1300種の生き物が生息してます。

川の流れの浸食で、釧路湿原の川の形は、年を経て変化してゆくそうです。
削られた台地や、新しくできた土地に生えている草や木を見たり、
冬でも、水の力や、植物の生命力も感じることができました。

小鳥たちも、たくさん見られましたよ!

オオワシさんが木の上に!!

木の上のオオワシさん、分かりますでしょうか(^o^)??
オオワシは、国内で最大級のワシで、
越冬のために、ロシアからくる渡り鳥です。

とっても堂々!カッコイイ!!

こっち見てる!

↓そして、上のほうから、撮ってもらったお写真!
この日は3槽のカヌーが出てました。
nanaは、3つめのカヌー。
釧路湿原、すっごい広いのが分かりますよね!!

本日は、カヌーツアーのご報告でした(^^)/

nanaは”ココ”に居ます

チミケップ湖にて

湖面はすっかり凍っています

チミケップ湖に遊びに行きました。

ここの湖面はすっかり凍って、ワカサギ釣りの人たちもやって来ます。

この日は、マイナス26度くらいまで下がってたみたいで、お天気がいいけれど、湖上散歩は、とっても寒かったです(笑)
湖上の上は、足が埋まるくらい雪が積もっているので、湖にあるホテルで、
プラスチックかんじきを 借りて、それを付けて歩きました。

ここの湖は、鳥の声もせず、とっても静かな世界でした(*^_^*)

湖上です。自分の歩いたところが道♪

ホテルには、犬さんが3匹います。写真は、レイク君と。
こんな寒い中でも、ずっとお外にいるんですって。つよい((+_+))!

仲良くなってきました~(*^_^*)

ころんと。お腹をなでなでしてほしいみたいです(*^ ^*)


2019 千歳・支笏湖氷濤まつり

支笏湖氷濤まつり 氷でできた展望台から!

ブログのタイムラインが逆行してしまいますが、
今月5日に行った、支笏湖氷濤(ひょうとう)まつりです!

【2019 千歳・支笏湖氷濤まつり】
 開催期間:2019年1月25日(金)~2月17日(日)

ワンとふたり旅(笑)

実家に帰る前に、 ワン(↑)と千歳のほうへ寄り道してきました。
この日は、掛川花鳥園から帰った次の日で、イベント準備の疲れからか発熱中でしたが、しっかり楽しんできました(笑)
後日、動画もアップしたいです!(…なかなか動画編集の時間が取れず、撮ってきたもの溜まっています(^^; )

氷濤(ひょうとう)まつり は、さっぽろ雪まつりの雪像とは違って、すべてが氷でできています(*^_^*)
骨組みを作って、何日もかけて支笏湖の湖水をスプリンクラーで吹き付けて作られています。なので、昼間は支笏湖ブルーの氷になっているんですって!
夜は、カラフルにライトアップでとっても奇麗です!!

おまつり会場に、支笏湖神社も!

支笏湖神社は、御祭神は山の神と水の神の2柱で、支笏湖地域の鎮守 です。
おまつりの時期に、氷の神社になります。
お賽銭箱もありますが、氷の壁にお賽銭を付けるのが、人気のお参り方法だそうです(*^_^*)
私も、お賽銭くっつけてきましたw
手の体温がお賽銭に伝わって、表面の氷が解けますが、低気温のため氷に変わるので、直ぐくっつきました(^^♪

氷の壁に、たくさんお賽銭がくっつけられています

支笏湖は約32,000年前の火山活動で出来たカルデラ湖です。
カルデラということで、良い温泉もあります♪お肌がツルツルになりました(^^♪

冷え冷えになったあとは、支笏湖の温泉でポカポカになって、熟睡でしたw

白鳥も入りにくる冬の和琴温泉です

近寄ったら白鳥さんに、鼻息で怒られましたw

目的地へ向かう途中に、ちょっとした横道があって、車で入ってみると、白鳥たちが空から降りてきたので、車を降りて湖の近くへ。

近寄って 、湯気の上がる湖に触れてみると、なんと、あったか~ぃ温泉!!
白鳥さんたちも、温泉に入るんですねぇ(*^_^*)
マイナス17度を超える寒さだもん、白鳥さんたちも温まりたいよね!

看板を見ると、和琴温泉とあって、人も入れる温泉だったようです。
下の写真が、人用の無料の温泉ですって。
水着で入るのでしょうか…?お湯が一個しかなかったけれど…。

帰宅後、お父さんに聞いてみたら、夏はキャンプ場も近いので、結構人気な温泉のようです(^_^)

和琴半島は、 約2.5kmの自然探勝路が整備されていて、1時間ほどで散策することができるそうです。小鳥の観察なんかがよくできるようです♪

今度、春か夏に森の散策に来てみたい感じです(*^_^*)

人が入れるほうの温泉!無料です!

知床で流氷に乗ってきました☆

流氷の上から!

こちらは知床の流氷です!

接岸しているところが凍っていて、流氷の上を少し歩いてきました(*^_^*)
見渡す限りずーっとずっと流氷!

流氷があることで、海の広さがドカンと感じられる気がします!
地球ってすごい!!!

オシンコシンの滝

知床入って手前側にあるオシンコシンの滝も、少し凍りつつも流れは勢いありました。

駐車場から少し階段をのぼったところから見学できるので、観光客の方々も結構いました。
後ろを振り返るとこんな感じです↓
上から見る流氷もまた素敵!!

かつやまディノパーク

恐竜博物館を出たら、お隣にこんな施設が・・・!
かつやまディノパーク

『ライフサイズ(実物大)の恐竜43頭が勢揃い!
 まるで恐竜の住処に迷いこんでしまったかのような興奮と感動がウォークスルーで味わえる冒険アトラクションです!』

うーん・・・こども用のパークかなぁ?と思いつつも、
閉園まで30分あったし、せっかくここまで来たから入ってみようか、と。。。

こんな感じで、林道をあるくアトラクション。
左右の林の中に、実物大サイズで恐竜さんたちが待ち構えております。

つくりもの感満点なのかと思いながら入ったのですが、けっこう迫力あるんです!
瞬きしたり、ほえたりも、足音までも(o_o)!!

ずしーん、ずしーん

期待していなかったのに、入ってみたら大興奮(笑)
途中で出会った小学生たちよりも、騒いでいたのじゃないでしょうか。
大はしゃぎで、写真撮りながら楽しんできました。

撮り方によっては、けっこうカッコいいの撮れますw
↓これは、「見つからないようね~・・・!!」って言いながら、草むらに隠れて撮る。を撮ってるの図(笑)
↓↓↓撮れたのがコレ!逃げて~!とか、隠れて~!!って、おおはしゃぎ。

かなり楽しい場所でした(๑>◡<๑)
お外のせいもあるけれど、博物館よりドキドキ度は高いのではないでしょうかw
超おすすめです!!!