志波彦神社(しわひこじんじゃ)

IMG_3562
鹽竈神社さまの、お隣に拝殿があります。
拝殿内部には、白い狛狐さんの像がたくさんありました。
お稲荷様に近いのかな?
とても女性的なイメージのあるきれいなお社でした(o^ ^o)

(志波彦神社HPより)
【歴史】
志波彦神社は志波彦大神をお祀りしております。
あまり馴染みのない御神名ですが、『延喜式』の神名帳に記載されている2861社の中でもわずか225社しかない「名神大社」と言う格別の崇敬を朝廷より受けていた神社です。
鹽竈神社とは趣を別にし、本殿は黒漆塗り・拝殿は朱漆塗りの極彩色社殿となっております。
全額国費を以て造られた最後の神社とも言われております。

【御祭神の謎】
大和朝廷の統治範囲が北進するにつれ、シワの地(朝廷勢力圏の端)が遷っていったと思われ、
この地方で信仰されていた国津神(土着神)を志波彦神或いは志波姫神と呼んだものと考えられる。
農耕守護・殖産・国土開発の神としての信仰が伝わっており、農耕を生業としていた人々の守護神だったと思われる。
志波彦神社が鹽竈神社境内に遷されたのは、鹿島・香取両神宮の御祭神(鹽竈神社左右宮御祭神)の東北地方平定に協力された神だったからであろう。
IMG_3562b

広告

鹽竈神社(しおがまじんじゃ)

IMG_3567
両親と松島へ行きました。
日本三景松島、天橋立、宮島、制覇v(^o^)v

こちらの神社様は、車でちょこっと山をのぼったところにあります。
こちらの神社様から、海を望むことが出来ます。さいこーのフォトスポット♪
いい景色でしたぁ(o^ ^o)

【鹽竈神社の御祭神】
別宮に主祭神塩土老翁神、左宮に武甕槌神、右宮に経津主神をお祀り。

(鹽竈神社HPより)
鹽土老翁神は『古事記』『日本書紀』の海幸彦・山幸彦の説話に、
釣り針を失くして困っていた山幸彦に目無籠(隙間のない籠)の船を与えワダツミの宮へ案内した事で有名ですが、一方博識の神としても登場しています。
武甕槌神(茨城県鹿島神宮主祭神)・経津主神(千葉県香取神宮主祭神)は共に高天の原随一の武の神として国譲りに登場し、国土平定の業をなした神です。
IMG_3568
鹽竈神社の鳥居の手前にある、神龍社。龍の神様が居るのかな?
こちらの神社様を参るときに、一番最初にご挨拶をするお社です↓
IMG_3566

平泉 毛越寺

2015-09-29a
車で移動をはじめてから、雨が降っていましたが、
車を降り毛越寺に入って間もなく雨が上がり、日が出てきました。

度重なる火災で全ての建物が焼失してしまったそうで、とても残念だなぁと思いました。
その跡地に、建物の名前の書かれた柱が立っていました。
中尊寺をしのぐほどの規模と華麗さであったという昔の景色、観てみたかったなぁと思いました。残念です。

仏の世界、すなわち浄土を地上に表現したと伝わる浄土庭園。
↓写真は、静かで、とても美しい大泉が池(^ ^)
2015-09-29b

毛越寺内の常行堂は、享保17年(1732)に再建されたものだそうです。
お屋根の修理をしてました。こんなふうにわらぶき屋根って直すんですねぇ(^ ^)
摩多羅神さまがお祀りされていて、優しいお顔をお参りできました。
修法と堂の守護神であり、地元では古くから作物の神様として信仰されているそうです。
2015-09-29c
【毛越寺(もうつうじ)】
慈覚大師円仁が開山し、藤原氏二代基衡公から三代秀衡公の時代に多くの伽藍が造営されました。
往時には堂塔40僧坊500を数え、中尊寺をしのぐほどの規模と華麗さであったといわれています。
奥州藤原氏滅亡後、度重なる災禍に遭いすべての建物が焼失しましたが、現在大泉が池を中心とする浄土庭園と平安時代の伽藍遺構がほぼ完全な状態で保存されており、国の特別史跡・特別名勝の二重の指定を受けています。

中尊寺内 白山神社

2014-09-11 12.16
中尊寺の敷地内にある神社です。
どうして、お寺の中に神社があるのかなぁと、思ったら、歴史は中尊寺より古いそうです。

大きなお寺の敷地内に、たまに神社を見かけ不思議だったのですが、
お寺が開かれるよりも前からあるものが多いのかもなのですね(^ ^)

御祭神【菊理媛神】
イザナミに逢いに黄泉を訪問したイザナギは、イザナミの変わり果てた姿を見て逃げ出すが、黄泉比良坂(現世と黄泉との境)でイザナミに追いつかれ、口論になったが、菊理媛神はイザナギとイザナミを仲直りさせ、縁結びの神とされている。
また、死者と生者の間を取り持ったことから巫女の女神ではないかとも言われている。ケガレを払う神格ともされる。

赤い鳥居すきです(^ ^)
2014-09-11 12.15
重要文化財とされる立派な能舞台がありました(^ ^)
現在でも藤原まつりや中尊寺薪能で、演能が行われるそうです。
2014-09-11 12.21

平泉 中尊寺

2015-09-27a
岩手県の平泉町にある、天台宗東北大本山寺院 中尊寺。

大きな大きな杉、たくさん生えていました。
樹齢300~400年ほどだそうです。とっても立派(^ ^)
2014-09-11 11.34
中尊寺、とても広いです。
この中にお寺だけじゃなく、神社があったのが印象的でした。
中尊寺の鎮守である白山神社の境内には、立派な白山神社能舞台がありました。

【中尊寺】(平泉観光協会HPより)
中尊寺は山号を関山といいます。17院により構成される天台宗の一山寺院。
嘉祥3年(850年)に慈覚大師円仁によって開山されたと伝えられます。
その後、奥州藤原氏の初代清衡が、本拠地を江刺豊田館から平泉に移し、長治2年(1105年)に造営に着手しました。

【金色堂】(中尊寺HPより)
中尊寺創建当初の姿を今に伝える建造物で1124年(天治元年)、奥州藤原氏初代清衡公によって上棟されました。
数ある中尊寺の堂塔の中でもとりわけ意匠が凝らされ、極楽浄土の有様を具体的に表現しようとした清衡公の切実な願いによって、往時の工芸技術が集約された御堂です。
2015-09-27b