ミュシャ展 (2017年)

久しぶりに美術館へ。
ミュシャ展』国立新美術館へ行って来ました。

【会 期】2017年3月8日(水)-6月5日(月) 毎週火曜日休館
【会 場】国立新美術館

nanaの尊敬するミュシャさんの展覧会!!
今回は、ミュシャの自身のルーツであるスラヴ民族の
”古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史”をテーマに画かれた《スラヴ叙事詩》が、20点まとめて展示されています。

50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた渾身の作品が、
プラハ市のために描かれた《スラヴ叙事詩》(1912-26年)。

《スラヴ叙事詩》は、1960年代以降、モラヴィアのモラフスキー・クルムロフ城にて夏期のみ公開されてはいたものの、
ほとんど人の目に触れることはなかったそうです。
その幻の傑作が、80年以上の時を経て2012年5月、
ついにプラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿(見本市宮殿)にて全作品が公開。

2017年は日本とチェコが国交を回復してから記念すべき60周年を迎える年にあたるそうです。
そして、国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業ということで、国立新美術館に、やってきた!ということです。

チェコ国外での、全20点まとめて公開は、世界で初めてなのだそう。
すごい!!

苦難の歴史を色濃く画かれた作品なのは、作品集などを見て知っていたので、
ちょっとnanaが苦手な展示かも・・・?とも思っていたのですが、
こんな展示は、もう何十年も無いんじゃないかな・・・??と思って、いってきました(^ ^)

とても大きな作品が並んでいることにも圧倒されますが。
淡いパステル色でやさしい色使いにもかかわらず、作品の表現力なのかな、とにかく、すごい迫力もあって。

・・・やっぱり、重たい絵が多くて、心にも体にも、ずしーん!!と響いてきましたが(*_*)、
後半の《スラヴ叙事詩》には、平和や希望いっぱいの絵があって、ほっとしました。
このエネルギーもすごいものだなと、作品の強さを浴びてこれてよかったなぁ、って思いました。

ミュシャが、すべての民族の平和を願って画いた作品だということも、理解することが出来て、
もっとミュシャが好きになって、もっと尊敬もしました。
そして、平和を願う、だいじな心も感じてくることができました。

音声ガイドと一緒に作品鑑賞するのが、とてもおすすめな展示と思います。
というか、音声ガイドがないと、スラブ民族の歴史や背景などを知らないので、
作品の意味とかの理解や鑑賞がちょっと難しいです。
ミュシャの、残した言葉も聴けます。
すごく心に刻まれました(^ ^)
モルダウの音楽も流れてくるので、作品の世界に浸れちゃうかな、と思います♪

とっても混雑はしていますが、とても大きなメッセージのある素敵な作品です。
もし、お時間あいましたら、ぜひ(^ ^)
↓珍しく撮影可のエリアもありました♪

広告

ニトリ小樽芸術村

2017-02-7aニトリ小樽芸術村というのが新しく出来たとタクシーの運転手さんが教えてくださったので、行ってきました。
なんと、宿泊したホテルのすぐ裏側にありました♪

出来立てほやほやのニトリ小樽芸術村です☆彡
建物自体も、歴史的建造物でとってもレトロなアートに合うんです!
・旧高橋倉庫(ステンドグラス美術館)・・建築年1923年
・旧荒田商会(アール・ヌーヴォーグラス館)・・建築年1935年
・旧三井銀行小樽支店(日本近代絵画美術館)・・建築年1927年

現在、アール・ヌーヴォーグラス館、ステンドグラス美術館の2館がオープン、
日本近代絵画美術館は、2017年夏にオープン予定。

北海道に生まれ育てられたニトリさんが、
みなさまのご恩に報いる手段の一つとして、開設した美術館。とのことです。
お値段以上のニトリさん、カッコいいですね(o^^o)2017-02-07b【ステンドグラス美術館】(HPより抜粋)
ステンドグラス美術館に所蔵されている作品は、
19世紀後半から20世紀初頭にかけてイギリスで制作され、
実際に教会の窓を飾っていたステンドグラスです。
近年イギリスでは諸事情により、多くの教会が取り壊されてしまいましたが、
これらの作品は破壊を免れ、時代の流れの中で数奇な運命を辿り、日本へ。

【アール・ヌーヴォーグラス館】(HPより抜粋)
小樽が外国貿易港として栄えていた19世紀末、フランスではエッフェル塔が建設され、
新しい芸術運動であるアール・ヌーヴォーがヨーロッパを席巻しました。
その時代に活躍した作家のエミール・ガレ、ドーム兄弟、ルネ・ラリック、
ガブリエル・アージー・ルソー、ヴィクトール・アマルリック・ワルターらの作品をご鑑賞いただけます。

(館内は撮影禁止だったので、写真はパンフレットとガイドブックから)
2017-02-07c館内では、無料音声ガイドを借りることができて、ひとつひとつのステンドグラスの細かな説明がきけます♪
アールヌーヴォーグラス館でも、音声ガイドは使うことができて、説明がきくことができます♪2017-02-07d↑ステンドグラス美術館のガイドブックも買ってきました♪
それぞれのステンドグラスの絵の意味や説明もついていて、良いガイドです◎
他のステンドグラスや、美術館でキリスト教の宗教画を見るときにも、役立ちそうです♪

ステンドグラスの美術館だなんて、
nanaにとって、さいこーに興味が湧く場所でした♪♪♪

イギリスは、ピーターパンに出てきたビックベンを見に行きたくて、
大聖堂にある大きなステンドグラスを見てみたくて、初めて行ったヨーロッパでした。

・・・またイギリスに行きたいな♪2017-02-07a

鈴木其一 江戸琳派の旗手

2016-10-27e風邪をこじらせ中のnanaですが、
鈴木其一 江戸琳派の旗手サントリー美術館、行って来ました!

【期間】2016年9月10日(土)~10月30日(日)

制作漬けで、お預けにしていた美術展!
其一さんのアサガオの絵(朝顔図屛風)、去年に動画でかな?知った作品でした。
映像からも感じる鮮やかな青色に、ものすごい衝撃を受けて、
ものすごく見てみたくて、メトロポリタン美術館に行かなくては!!と思っていたところ、日本にもやってきた~(^o^)☆

画かれているアサガオは、nanaの手のひらよりも大きくて、
江戸期の屏風のわりには、いままでみたものよりも、背も高くて、大迫力でした。
他の作品も、とても素敵なもの、いっぱいあったのだけど、やっぱりいちばん見たかった朝顔図の前にずっと立って居たくなりました(^ ^)

サントリー美術館の展示の仕方も、いつもカッコよくて、ここだいすきで、
展示を担当されてる方々、すごい方々なんだろうなぁっていつも感じています(o^ ^o)

【琳派】
江戸時代初期の京都で俵屋宗達(たわらやそうたつ・17世紀前期に活躍)が創始した。
尾形光琳(おがたこうりん・1658~1716)により、さまざまな流派が活躍した江戸時代絵画の中で最も華麗な装飾様式として確立。
【江戸琳派】
光琳が活躍した時期の約100年後に、江戸の地で琳派の再興を図ったのが酒井抱一(さかいほういつ・1761~1828)。
抱一は京都の琳派様式からさらに写実的で洗練された画風を描くようになり、その新様式はのちに、京都に対して「江戸琳派」と呼ばれています。

【鈴木其一(すずききいつ・1796~1858)】
江戸時代後期に、江戸琳派の優美な画風を基盤にしながら、斬新で独創的な作品を描いた画家。
江戸琳派の祖・抱一の一番弟子が其一。

去年の3月(まだブログしてなかったw)に、熱海の『琳派展』に行って、琳派を知り、尾形光琳さんの作品をたくさん観てきて、
今年の夏に、『美の祝典Ⅲ-江戸絵画の華やぎ』で、酒井抱一さんの作品をたくさん観てきて、
今回に、琳派だとは知らなかった鈴木其一さんの作品を観てきて。
・・・偶然にも、時代のながれと同じく、美術鑑賞させていただいているようです。
なんだか、ありがたいです(^ ^)v

江戸時代という、ずっとずっと昔の絵なのに、
こんなにも鮮やかに残っていて、人の心も惹きつける作品がたくさんあって。
(残していてくれた方々にも大変感謝ですよね・・・!!)
江戸の絵師さんの、展示を見に行くのが好きになりました。
江戸の絵師さんに、会ってみたいな。
そうだ!弟子入りしたい♪

私も、風神雷神描きたいなぁ。
琳派っぽい絵も、描いてみたい♪
2016-10-27fおまけ。
美術鑑賞のあとは、甘いもの食べたくなっちゃいますよねぇ。
今回は、閉館時間で、いつものぜんざいが食べられなかったので、地下へスウィーツを探しに☆
おしゃれなところには、やっぱりカワイイ限定お菓子が♪

ミッドタウン内 ガレリアB1 『PALETAS』のパンプキン最中¥500
アーモンドクリームを入れて焼き上げた、サクサク最中。
白い丸いのは梨!ぶどうジャム、カボチャと白あんのクリームが、入っています(^o^)/
2016-10-27g

DESIGN NONTAN展

2016-10-13aノンタン生誕40周年記念 DESIGN NONTAN展』、寄ってきちゃいました。

【会 場】池袋パルコ・パルコミュージアム
【期 間】
2016/09/30 (金) -2016/10/17 (月)
10:00~21:00 ※最終日は18:00閉場 ※入場は閉場の30分前まで。
【入場料】一般500円、学生400円、小学生以下無料
2016-10-13b時間に余裕がないのですが、画材を追加購入しに寄ったら、同じ建物内でノンタン展がしていたので・・・チラッと(笑)
たぶん、私の初めて絵本がノンタンなのです。
字が読めないから、親の読んでくれる本文を暗記していました。
暗記しても、読んでもらうのが、だいすきでした(^ ^)
2016-10-13c会場にあった思い出の絵本をぺらぺらめくると、絵本の中の歌やリズムが、頭に流れてきて…
きっと、お父さんか、お母さんが、読みながら作ってくれてたメロディなんですね。
ハートがキュウっとなって。涙がこぼれてまいました(笑)

だいすきだった絵本、一冊買ってきちゃった。

早く帰って、制作の続き(^o^)!!!
2016-10-13d

宇宙と芸術展

2016-08-30 08.52森美術館『宇宙と芸術展』行ってきました。
期間:2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)

古代~現代~未来の、人がどう宇宙を見ているかを見学できます(^▽^)/

nanaは、展示室一番最初のほうの、古代の人々の宇宙の考え方にとても興味を持ちました。
曼荼羅だとか、天球図、天球儀、天体望遠鏡、アストロラーベ・・・など、いろいろ(^o^)
その展示室の写真は、ワクワクしすぎて見るのに集中していて写真がありません。。。(笑)
2016-08-30 16.16上の写真は、スーパーカミオカンデの写真パネルでした。
人がボートに乗っております。
お台場の科学未来館で、スーパーカミオカンデの10分の1の模型を見学したのですが、
人との比較写真を見て、こんなに、広くて大きいんだぁって、思いました。
※岐阜県・神岡の地下 1,000m にある「スーパーカミオカンデ」は、ニュートリノを観測する装置です。
2016-08-30 16.20宇宙テーマのアートもいろいろ展示されていました。
↑森 万里子《エキピロティック ストリングⅡ》
なんだか綺麗でした(^o^)

他にもいろいろ展示されています。
けれども、なかなか現代アートを感じ取るのは難しかったです。。。

↓コンラッド・ショウクロス《タイムピース》
すごい速さでずっと動いています。日時計みたいなものを、ライトで作り出しているのかな?
光の高さと影の長さが変わるので、自転と軌道で、地球に届く太陽光を計算されているのかな。
2016-08-30 216.20だいすきな”チームラボ”さんの展示もありました♪
《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく – Light in Space》
コレがいちばんの目的かも(笑)
闇と光だけの空間が、自分の体を通り過ぎていくような感覚になりました。
ほんと不思議カッコいい世界です☆2016-08-30 00.20この展示はさらっと観終わると思って、他の森美術館の展示も観ようと計画していたのですが、
すっかり疲れてしまったので、六本木限定という”シューソフト”を食べて帰りました。
京都のシュークリーム屋さんだそうです(^o^)
暑すぎる日で、どんどん溶けてしまうので、味わう間もなく食べ終わりました。
ソフトクリームは、だいすきだけど、もう少し涼しい空間で食べたほうがいいスウィーツのようです(*_*)2016-08-30 216.220

はじめての古美術鑑賞

img_technique_expression根津美術館『はじめての古美術鑑賞』。
期間:2016年7月23日(土)〜9月4日(日)

根津美術館は、今回初めて行きました(^ ^)
静かで、とても気持ちのよい感じの美術館です。
広すぎないので、体力回復中のnanaでも疲れない場所でした♪
2016-08-21a日本の古美術の聞きなれない説明や用語を説明してくれたり、
絵画の技法を説明してくれる展示です♪
日本の古美術に興味を持ち始めたnanaにぴったりな美術展(^o^)♪

用語や技法、ひとつひとつに参考の絵があって、とても楽しく学べました♪
水墨画を学びに言ったときの技法も、ちゃんと名前があったんだなぁとか、楽しめました(^ ^)

根津美術館の所蔵コレクション展示もとても見ごたえがあって、楽しかったです♪
混雑も無く、とてもいい美術館でした◎
閉館時間になってしまって庭園をお散歩できなかったので、今度は庭園も入ってみたいと思いました♪

オススメです☆
2016-08-21b

「和のあかり×百段階段」展 2016

2016-08-20雅叙園で開催中の 「和のあかり×百段階段」展 2016
期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)

日本のお祭りや、伝統工芸、アーティストさん、職人さん・・・たくさん展示されています!
くわしくは雅叙園のページへ→展示作品一覧

金魚のトンネル抜けて、展示会場へ(^o^)/
2016-08-20a墨絵師 西元祐貴さんの、大迫力の墨絵です!
nanaも大きなもの描いてみたいなぁ。
2016-08-20cねぶた祭りの龍さんです!
2016-08-20d妖怪絵師 満尾洋之さんの、平成の妖怪さんがいっぱい(*_*)!!
2016-08-20e島根県浜田市「石見神楽」も!
この神楽は、ホンモノを観てみたいと思っていて。いつか行きたいのです♪
2016-08-20f最上階の展示室には、切り絵作家 早川鉄兵さんの作品もありました!
黒ベースの切り絵に、動物と植物の模様♪
図々しいですが、何か近いものを感じてしまいました☆
風鈴の、光と影がとっても素敵だったです(o^ ^o)
2016-08-20g