特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」(2019)

仏像、だいすきです

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅
 会期:2019年3月26日(火) ~ 2019年6月2日(日)
 会場:東京国立博物館(トーハク ) 平成館(上野公園)

6-7年位前でしょうか、
ここ東京国立博物館で、『空海』いう仏像展を拝見してから、
ものすごく、仏像に興味がわくようになりましたw

こうして残っている仏像って、本当にすごいなぁって思って。
見た目も、表現の仕方も、技術もとても興味が湧きますが、
作った人の思いもすごく詰まっていると思うし、
長年たくさんの祈りとか想いとか、いっぱい受け取ってきた像で、
存在してるっていうエネルギーというか、生きてるみたいな・・・
うまく説明できないのですけれど。。。
話しかけたらちゃんと返してくれそうな雰囲気も、ありますよねw

2年前に行った東寺です↑

東寺の立体曼荼羅(仏像で出来た曼荼羅)は、全部で21体で成っています。
今回の展示では、その中の、15体がトーハクにいらっしゃってます!
その中の11体は国宝となっていて、360度、しかも間近で拝見できちゃいます。
ものすごい迫力でした!
トーハクのライティングもカッコいいし!!

2年前に、東寺へお参りに行って、講堂で拝見してきているのですが、
現地では、仏像も混みあっていて、近くで拝見できません。
トーハクでしか拝見できない角度、とっても貴重な機会と思います!

こういう展示に行くと、 東京ってすごいなぁって、
関東に住んでてよかったなぁ、って、思います(笑)

イケメン仏像で有名な、国宝 帝釈天騎象像 の撮影が可能でした!

空海は、中国に留学して、密教を学び、帰国して密教を日本に広めます。
帰国の際に、師の恵果(けいか)が授けたと言われる法具類の一部 なども展示されています。
空海さんのことを調べていても、あれこれ伝説的な書き方をされていて、
なんともフワフワした感じがあったのですが、
空海が持ち帰り、ホンモノが残っていて、今でもそれを大事な修法に使われているという現物が目の前にあって、大感激でしたw
空海さんがこれ握ってたのか!!って。
今でも使われる形で、綺麗に金ぴかで残っているって、すごいですよね!

昔々のことって、いまと遠すぎて、別次元の感覚みたいな気分になっちゃうのだけど、ちゃんと、繋がってるんですよね。
その歴史の繋がりがあって、今があるんですもんね。

当たり前なことなのだけど、
なぜだか、すごくすごく感激するのです(笑)

大人気のイケメンさんより、象のお顔が気になっていたnanaでしたw
広告

かつやまディノパーク

恐竜博物館を出たら、お隣にこんな施設が・・・!
かつやまディノパーク

『ライフサイズ(実物大)の恐竜43頭が勢揃い!
 まるで恐竜の住処に迷いこんでしまったかのような興奮と感動がウォークスルーで味わえる冒険アトラクションです!』

うーん・・・こども用のパークかなぁ?と思いつつも、
閉園まで30分あったし、せっかくここまで来たから入ってみようか、と。。。

こんな感じで、林道をあるくアトラクション。
左右の林の中に、実物大サイズで恐竜さんたちが待ち構えております。

つくりもの感満点なのかと思いながら入ったのですが、けっこう迫力あるんです!
瞬きしたり、ほえたりも、足音までも(o_o)!!

ずしーん、ずしーん

期待していなかったのに、入ってみたら大興奮(笑)
途中で出会った小学生たちよりも、騒いでいたのじゃないでしょうか。
大はしゃぎで、写真撮りながら楽しんできました。

撮り方によっては、けっこうカッコいいの撮れますw
↓これは、「見つからないようね~・・・!!」って言いながら、草むらに隠れて撮る。を撮ってるの図(笑)
↓↓↓撮れたのがコレ!逃げて~!とか、隠れて~!!って、おおはしゃぎ。

かなり楽しい場所でした(๑>◡<๑)
お外のせいもあるけれど、博物館よりドキドキ度は高いのではないでしょうかw
超おすすめです!!!

福井県立恐竜博物館


福井に来た理由はただひとつ!
めざすは国内最大級の恐竜の博物館、福井県立恐竜博物館!!!

全身骨格も、ジオラマも、大充実です!!

ななのだいすきな場所のひとつです!
内部の展示室には、「恐竜の世界」「地球の科学」「生命の歴史」の3ゾーンで構成されています。

やっぱり、いちばん盛り上がるのは、「恐竜の世界」!!
恐竜好きにはたまりませんっ!

こんな生き物が存在していたのか・・・!!!と、
博物館に行くと、いつも思います。
とてつもないサイズと、多種多様な体の形、ナゾの多さ、ですよね。

でも、時代がたつに連れ、新しい発掘や発見があって、
新しい説や、解析技術も上がったりして、
どんどんと恐竜の歴史は塗り替えられていって・・・、
太古を生きた恐竜なのに、未来に行けばいくほど、
恐竜が進化していくような、不思議な気持ちになります(^o^)

過去の地層からは、その当時の気温やお天気までも分かっちゃったりして。
歴史は、地球の大地に刻まれているんですね。
そんな地球の大地は、地球全体から見たらほんっとに薄い皮みたいな層で。
数十年生きたnanaの歴史は、46億年の長い歴史には、針で指したような点でしかなくて、まったく感覚わかんないけれど、地球すごいですよね!!

うまく伝えられないんですけれど、ほんと、地球の”生きてる”がいっぱい見られます!
見るものいっぱいで、クタクタになったけれど、楽しかったです。
しっかり勉強してきましたw
そして、しっかり恐竜メニューを堪能(笑)
ランチに、
nanaは、恐竜バーガー、のらたんは、フクイサウルスの卵カレー(温玉のったカレーに、恐竜型のナゲット乗ってたよ)←写真忘れた。
場展示見学の後に、
nanaは、ティラノパフェ!!と、のらたんは、恐竜ラテ!

金子みすゞ記念館

広島のおばちゃんおススメされた、金子みすゞ記念館にやってきました。

童謡詩人『金子みすゞ』の生誕100年に当たる平成15年4月、
みすゞが幼少期を過ごした金子文英堂跡地に記念館がオープンしたそうです。
遺稿集や着物などの遺品を展示した常設展示室、みすゞさんの詩の世界を音と光で体感できるみすゞギャラリーなどを備え、
みすゞさんの生涯や生きてきた時代を偲ぶことができる記念館です。
生活していた空間が再現されていて、
あちらこちらに、その空間と合わさった詩が、掛けられていました。

とっても素朴だったり、かわいかったり、やさしかったり、穏やかさを感じる詩ばかりでした。
きっと、平和にに大切にされて育った子だったんだろうね、ってお母さんとお話しながら見学しました。
いろいろ大変な時代でも、そういう家庭があったんだなぁって、よかったなぁって、思いました。

みすゞさんは、26歳という若さでこの世を去ってしまいます。
穏やかにやさしく育ちすぎて、心の痛みに耐え切れず、若くして命を絶ってしまったのかな・・・?
なんて、感じたりもしました。。。他の道も、きっと、あったのに。。。

最初にある展示室の、遺稿集やみすゞさんの生涯の大きな年表やその所々にある詩を読んでいたら、
年表を読み終わるころには、次の目的地へ向かう時間に・・・。
ひとり旅ではないので、のんびり過ぎることは、出来ないですねぇ(^ ^;

ななが奥のギャラリーや展示を見られなかったから、お父さんが、みすゞさんの詩集を買ってくれました。
のちほど、ゆっくり、味わいたいと思います(^ ^)

サッポロビール博物館

2017-02-10c日本で唯一のビールに関する博物館、サッポロビール博物館!
自由見学は無料です♪

博物館は、1987年7月1日開館。
もともとは1890年に札幌製糖会社の工場として建設された赤レンガの建造物を利用したものです。
2017-02-10a明治時代、北海道開拓使により札幌にビール醸造所が設立。
ドイツ・ベルリンビール醸造所でビールの醸造技術を学んだ中川清兵衛が主任技師に選出されました。

サッポロビールの煙突にある赤い正五角星☆、
博物館の説明では、この☆マークは”北極星”を表すそうです。
旧道庁赤のレンガや札幌時計台も、赤い☆ついてます。
でも、北海道開拓使には、☆マークに他の意味や想いも込めてあったのかも・・・ですね(^ ^)2017-02-10ed日清戦争の影響から、ビールの新市場に海外が重要視され始めたそうです。
海外向けラベルが、とっても興味深かったです(^ ^)2017-02-10e歴代ラベルも気になる(笑)
赤星と黒ラベル。
2017-02-10fd昔のデザインも、すごくかっこいいなぁ・・・☆
お酒のラベルって、オシャレですよね!!2017-02-10fedここの博物館を見学してみて、
余市のニッカも見学してみて、
新しい土地で仕事を始めた人たち、最初に作った人たちは、ほんとにいろんな苦労があったんだろうなぁって。
すごいことですよね。色々学べました♪2017-02-10b【スターホール】
ここでは、サッポロビール北海道工場、札幌開拓使麦酒醸造所直送のできたてビールを味わえます。

天井には、ビール瓶で作られているランプ?なのかな♪
きれー。なんだかテンション上がりますw
2017-02-101dnanaは、ビールをたくさん飲めるほうじゃないので、
北海道限定”リボンナポリン”をオーダー(笑)
チーズ付き♪

3種飲み比べセットは600円!
・北海道限定ビール「クラシック」
・サッポロビールの代表商品「サッポロ生ビール黒ラベル」
・創業地でつくる札幌開拓使麦酒醸造所の「開拓使麦酒」

弟のを少しずつ味見させてもらいました。
クラシックがいい香りで、苦味も少なく、飲みやすかったです。
黒ラベルは、みなさんご存知かなぁ♪ピリッとくるw
開拓使麦酒は、柔らかでした♪2017-02-10d

小樽オルゴール堂 2号館

2017-02-6aこちらも、小樽に来たら、欠かさず立ち寄る『オルゴール堂2号館』です。
以前にもブログでご紹介したお気に入りの場所です♪

【エオリア・パイプオルガン&アンティーク・オルゴール演奏時間】
10:00~ 11:00~ 12:00~
14:00~ 15:00~ 16:00~
(各15分ずつ)2017-02-6cb記事のいちばん上の写真が、【エオリア・パイプオルガン】です。
1908年に製造されたイギリスのエオリア・パイプオルガンは690本のパイプを備え、
また”自動演奏パイプオルガン”として日本で初めて紹介されたもの。
紙の巻物みたいなロール紙をセットして、自動演奏を聴くことができるパイプオルガンです。
自動演奏用のロール紙は100曲もあるとのことでした。
教会で聴く演奏みたい♪

時間帯によって、聴かせていただけるアンティークオルゴールの種類は違うようです。
前回と違う時間だったので、今回は下記の種類を聴くことができました♪2017-02-6b【サプライム ハーモニー 1880年 スイス メルモドフレール社】
シリンダー子交換が可能で、1本6曲入り。
計4本、24曲の演奏が楽しめます。
↓シリンダーがすごぃ。上のほうのオシャレなメモリのところで、何曲目の曲か分かるです♪
2017-02-6c左【Wディスク 1900年 シンフォニオン社 ドイツ】
より複雑な演奏技術を求めて、2枚用ディスク機種を製造したもの。
2枚のディスクをセットして演奏すると、音色に深みを増し、立体的に聴こえます。

右【エロイカ 1900年 シンフォニオン社 ドイツ】
”エロイカ”とは、日本語で”英雄”という意味を持ちます。
50本の櫛歯が3対で、合計300キーを持つオルゴールです。
3枚のディスクでアレンジが異なっており、
同時に演奏することで、音に厚みと立体感を与えることができます。
世界的に大変希少価値の高い機種です。

シリンダーオルゴールのシンプルな響きも好きですが、
ディスクオルゴールの、雄大な響きもいいなぁって、思います(*´∀`*)
どちらも、アコースティックないい音色です♪
2017-02-6d

余市蒸溜所

2017-01-31bニッカウヰスキー北海道工場・余市蒸溜所に行きました♪
ニッカは、大日本果汁株式会社から、ニッカ(日果)なんですって。
日本語だったんですね!

予約してた見学のナンバータグは2ばん。(すきな数字2きたw)
無料で、一時間程度の蒸溜所見学ガイドに参加できます♪
最後には、おすすめの試飲付き☆彡2017-01-31a冬期は、落雪が心配されるため見学できない建物がいくつかあって
外観のみの、見学も数か所あります。

いぶす建物は入れませんでした。
ピート(泥炭とも呼ばれる・・・枯れ草が石炭になる過程の中間段階にあるもの)で、
これで麦芽(モルト)をいぶすためウイスキーのスモーキーな香りが付くとのことです。2017-01-31c上の写真が、蒸留釜(ポットスチル)です。
余市の蒸留所は、世界唯一の人力&石炭直火焚きの蒸留だそうです。
直火のため、独特のが香ばしさが生まれるとのことでした♪
なんだか昔のまんまの製法を唯一守っているっていうのも、かっこいいです!

この蒸留釜(ポットスチル)で、二回蒸留されてモルトウィスキーになります。
蒸留所によって蒸留釜(ポットスチル)の形や大きさが異なり、
加熱方法や地域の気候・風土が加味され、香味が作られるとのこと。

蒸留釜(ポットスチル)にある注連縄(しめなわ)、気になりますよね!
創業者の竹鶴 政孝さんのご実家の実家が造り酒屋の風習を引き継いでいるそうで、
「美味しいお酒ができますように」と、いう願いを込めてあるそうです。

しめ縄は、毎年一月に新しくするんですって。
日本人のこういう風習って、なんだかいいですよね(o^^o)♪2017-01-31ae熟成させる樽!

床は土のままで適度な湿度が保てるよう、また、外壁は石づくりで夏でも冷気が保てるように設計されていて、
樽の中の原酒は木目を通して呼吸し、少しずつ熟成が進み、それと共に蒸発が進みます。
20年で約1/2ほど蒸発しますが、『天使の分け前(Angel’s share)』と言われるそうです♪
天使もお酒造りを一緒にしてくれてるんですねぇ☆彡2017-01-31af見学のあとは、おすすめの試飲ができます♪
高いウィスキーを無料で試飲できるなんて~!すごぃ!
ウィスキーは初体験(o o)!!

『スーパーニッカ』、『竹鶴』、『リンゴワイン』を試飲できます♪2017-01-31ddオススメの飲み方で、いただきまーす♪2017-01-31dウィスキーって、くはー(o△o)!!となりますね(笑)
喉が~・・・!!
『スーパーニッカ』は、水割りになって、ハイボールになるんですって。
これがハイボールかぁ・・・って(笑)冷たいし薄いので飲みやすかったです(^ ^)
『竹鶴』は、常温でいただきます。
香りが深い感じで、これがスモ~キ~な香りなのかぁ♪とw
でも、この濃さは強くてちょとnanaには厳しい(^^;
リンゴワインが、いちばん飲みやすく好きでした♪
甘くておいしぃ~v(^▽^)v2017-01-31e慣れないお酒体験でしたが、
それぞれ香りが高く、違いを楽しめましたです♪

・・・お酒が強くないnanaは、リンゴジュースに救われました…(^^;2017-01-31ad雪国で蒸留所を作るのは、とっても大変だったろうなぁって感じました。
たくさんの苦労や努力があったんだなぁって。すごいなぁって。
『マッサン』観てたら、もっと感激したのかな♪
2017-01-31f↑小樽~余市間の車窓から。
ドラゴンからエンジェルロードが出てるみたい♪