特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」(2019)

仏像、だいすきです

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅
 会期:2019年3月26日(火) ~ 2019年6月2日(日)
 会場:東京国立博物館(トーハク ) 平成館(上野公園)

6-7年位前でしょうか、
ここ東京国立博物館で、『空海』いう仏像展を拝見してから、
ものすごく、仏像に興味がわくようになりましたw

こうして残っている仏像って、本当にすごいなぁって思って。
見た目も、表現の仕方も、技術もとても興味が湧きますが、
作った人の思いもすごく詰まっていると思うし、
長年たくさんの祈りとか想いとか、いっぱい受け取ってきた像で、
存在してるっていうエネルギーというか、生きてるみたいな・・・
うまく説明できないのですけれど。。。
話しかけたらちゃんと返してくれそうな雰囲気も、ありますよねw

2年前に行った東寺です↑

東寺の立体曼荼羅(仏像で出来た曼荼羅)は、全部で21体で成っています。
今回の展示では、その中の、15体がトーハクにいらっしゃってます!
その中の11体は国宝となっていて、360度、しかも間近で拝見できちゃいます。
ものすごい迫力でした!
トーハクのライティングもカッコいいし!!

2年前に、東寺へお参りに行って、講堂で拝見してきているのですが、
現地では、仏像も混みあっていて、近くで拝見できません。
トーハクでしか拝見できない角度、とっても貴重な機会と思います!

こういう展示に行くと、 東京ってすごいなぁって、
関東に住んでてよかったなぁ、って、思います(笑)

イケメン仏像で有名な、国宝 帝釈天騎象像 の撮影が可能でした!

空海は、中国に留学して、密教を学び、帰国して密教を日本に広めます。
帰国の際に、師の恵果(けいか)が授けたと言われる法具類の一部 なども展示されています。
空海さんのことを調べていても、あれこれ伝説的な書き方をされていて、
なんともフワフワした感じがあったのですが、
空海が持ち帰り、ホンモノが残っていて、今でもそれを大事な修法に使われているという現物が目の前にあって、大感激でしたw
空海さんがこれ握ってたのか!!って。
今でも使われる形で、綺麗に金ぴかで残っているって、すごいですよね!

昔々のことって、いまと遠すぎて、別次元の感覚みたいな気分になっちゃうのだけど、ちゃんと、繋がってるんですよね。
その歴史の繋がりがあって、今があるんですもんね。

当たり前なことなのだけど、
なぜだか、すごくすごく感激するのです(笑)

大人気のイケメンさんより、象のお顔が気になっていたnanaでしたw

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」(2019)」への6件のフィードバック

  1. こんばんは(^^)
    仏像って何百年もその姿を留めて現在に存在してるんで凄いなと思いますよ。イケメンが多いと感じてるので、女性には人気があるのではないかと思ってます(笑)

    • こんにちは!!
      ですよね!すごいですよね(^o^)!
      hamaさん、鋭いです・・・!それで、女性の仏像ファンが多いのですね!納得です(o_o)!!

  2. こんばんは(*^^)
    象のお顔もそうですが・・・耳はどうなってるの~???・・髪の毛状態!!??(;”∀”)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中