チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ(2019)

【チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ】八王子市夢美術館へ!

チェコの現在の人形文化の一部を、世界の玩具や遊具の研究者である春日明夫氏のコレクションで、紹介されています。

林 由未さんの作品です

林 由未さんの作品が展示されるということで、行ってみました(^o^)

4年ほど前に、nanaが良く通っていたKOMPISというギャラリーさんで、
林 由未さん個展をされたときに、お知り合いになりました♪
人形作り体験のワークショップをされていて、体験に行ったのですが、
全然終わらないものだから、閉店までいてしまって5時間くらいお話しながら作らせてもらった思い出がありますw

由未さんの作品の、何か奥に秘めてるような表情と、独特なあたたかみのある形がだいすきです。じっくり観てこれました(^o^)

ものづくりの上で、
由未さんに教えてもらっただいじなこと
思い出せたいい一日でした。

帰り道で買った好物。桜餅とお稲荷さん。

チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ(2019)」への2件のフィードバック

  1. こんばんは(^^)
    チェコの操り人形ですか!プラハへ行った時にマリオネットを販売してるお店を多く見掛ました。お店の方が操って見せてくれるのですが、人形に命が有るような動作をするので感心させられました。
    時間がなくて見る事が出来なかったのですが、マリオネット専門の小さな劇場もありましたよ。

    • おはようございます!
      hamaさんは、プラハも行ったことがあるのですか!うらやましいですっ(๑>◡<๑)
      そうなのですかぁ♪プラハは街を歩くだけでワクワクしそうですね!行ってみたいです(^o^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中