冬の釧路湿原をカヌーで!!

氷が浮いてるところ進んで行きます!

冬の釧路湿原に行ってきました!
ずっとしてみたかった 湿原カヌー(^_^)/
この日は、とても気温が下がって川が凍っちゃって、氷がいっぱい(笑)
ガリガリ、ゴリゴリいいながらカヌーは、進みます。

先輩が遊びに来たので、一緒に乗ってきました!
↓カヌーは、こんなかんじ。

ガイドさんが、ほとんど漕いでくれてたみたい(笑)

釧路湿原国立公園に指定されている面積は約2万8000ヘクタール。
東京23区がすっぽり収まる広さだそうです。
釧路湿原には、約700種の植物と、約1300種の生き物が生息してます。

川の流れの浸食で、釧路湿原の川の形は、年を経て変化してゆくそうです。
削られた台地や、新しくできた土地に生えている草や木を見たり、
冬でも、水の力や、植物の生命力も感じることができました。

小鳥たちも、たくさん見られましたよ!

オオワシさんが木の上に!!

木の上のオオワシさん、分かりますでしょうか(^o^)??
オオワシは、国内で最大級のワシで、
越冬のために、ロシアからくる渡り鳥です。

とっても堂々!カッコイイ!!

こっち見てる!

↓そして、上のほうから、撮ってもらったお写真!
この日は3槽のカヌーが出てました。
nanaは、3つめのカヌー。
釧路湿原、すっごい広いのが分かりますよね!!

本日は、カヌーツアーのご報告でした(^^)/

nanaは”ココ”に居ます
広告