ミュシャ展 (2017年)

久しぶりに美術館へ。
ミュシャ展』国立新美術館へ行って来ました。

【会 期】2017年3月8日(水)-6月5日(月) 毎週火曜日休館
【会 場】国立新美術館

nanaの尊敬するミュシャさんの展覧会!!
今回は、ミュシャの自身のルーツであるスラヴ民族の
”古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史”をテーマに画かれた《スラヴ叙事詩》が、20点まとめて展示されています。

50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた渾身の作品が、
プラハ市のために描かれた《スラヴ叙事詩》(1912-26年)。

《スラヴ叙事詩》は、1960年代以降、モラヴィアのモラフスキー・クルムロフ城にて夏期のみ公開されてはいたものの、
ほとんど人の目に触れることはなかったそうです。
その幻の傑作が、80年以上の時を経て2012年5月、
ついにプラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿(見本市宮殿)にて全作品が公開。

2017年は日本とチェコが国交を回復してから記念すべき60周年を迎える年にあたるそうです。
そして、国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業ということで、国立新美術館に、やってきた!ということです。

チェコ国外での、全20点まとめて公開は、世界で初めてなのだそう。
すごい!!

苦難の歴史を色濃く画かれた作品なのは、作品集などを見て知っていたので、
ちょっとnanaが苦手な展示かも・・・?とも思っていたのですが、
こんな展示は、もう何十年も無いんじゃないかな・・・??と思って、いってきました(^ ^)

とても大きな作品が並んでいることにも圧倒されますが。
淡いパステル色でやさしい色使いにもかかわらず、作品の表現力なのかな、とにかく、すごい迫力もあって。

・・・やっぱり、重たい絵が多くて、心にも体にも、ずしーん!!と響いてきましたが(*_*)、
後半の《スラヴ叙事詩》には、平和や希望いっぱいの絵があって、ほっとしました。
このエネルギーもすごいものだなと、作品の強さを浴びてこれてよかったなぁ、って思いました。

ミュシャが、すべての民族の平和を願って画いた作品だということも、理解することが出来て、
もっとミュシャが好きになって、もっと尊敬もしました。
そして、平和を願う、だいじな心も感じてくることができました。

音声ガイドと一緒に作品鑑賞するのが、とてもおすすめな展示と思います。
というか、音声ガイドがないと、スラブ民族の歴史や背景などを知らないので、
作品の意味とかの理解や鑑賞がちょっと難しいです。
ミュシャの、残した言葉も聴けます。
すごく心に刻まれました(^ ^)
モルダウの音楽も流れてくるので、作品の世界に浸れちゃうかな、と思います♪

とっても混雑はしていますが、とても大きなメッセージのある素敵な作品です。
もし、お時間あいましたら、ぜひ(^ ^)
↓珍しく撮影可のエリアもありました♪

広告

ミュシャ展 (2017年)」への4件のフィードバック

  1. こんにちは(^^♪
    恥ずかしながらミュシャさんを知りませんでした(^^)/スラヴ民族の苦難と栄光の歴史に強い思い入れがあるようです。撮影可も珍しくて嬉しい事ですね(^_-)-☆

    • たぶん、ミュシャさんの絵は目にしていること、あるんじゃないかと思います♪アールヌーボーの時代に、とても活躍した広告を多く手がけたグラフィックデザイナーさんです(^o^)
      このスラブ叙事詩は、ミュシャさんの有名な作品のタッチと、ぜんぜん違うので、そこも、見所なのかもしれません(^ ^)

  2. ミュシャ大好きです。でも、スラブシリーズは、ミュシャの有名な雰囲気とはずいぶん違いますもんね。感慨深い展示会だったのでは・・・?

    • orcaさんも好きですか(๑>◡<๑)♪♪♪
      そうなんです、スラブシリーズはずいぶんと雰囲気が違って、華やかな世界から離れたミュシャの決意も、いろいろ、考え感じてくること出来ました・・・!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中