金子みすゞ記念館

広島のおばちゃんおススメされた、金子みすゞ記念館にやってきました。

童謡詩人『金子みすゞ』の生誕100年に当たる平成15年4月、
みすゞが幼少期を過ごした金子文英堂跡地に記念館がオープンしたそうです。
遺稿集や着物などの遺品を展示した常設展示室、みすゞさんの詩の世界を音と光で体感できるみすゞギャラリーなどを備え、
みすゞさんの生涯や生きてきた時代を偲ぶことができる記念館です。
生活していた空間が再現されていて、
あちらこちらに、その空間と合わさった詩が、掛けられていました。

とっても素朴だったり、かわいかったり、やさしかったり、穏やかさを感じる詩ばかりでした。
きっと、平和にに大切にされて育った子だったんだろうね、ってお母さんとお話しながら見学しました。
いろいろ大変な時代でも、そういう家庭があったんだなぁって、よかったなぁって、思いました。

みすゞさんは、26歳という若さでこの世を去ってしまいます。
穏やかにやさしく育ちすぎて、心の痛みに耐え切れず、若くして命を絶ってしまったのかな・・・?
なんて、感じたりもしました。。。他の道も、きっと、あったのに。。。

最初にある展示室の、遺稿集やみすゞさんの生涯の大きな年表やその所々にある詩を読んでいたら、
年表を読み終わるころには、次の目的地へ向かう時間に・・・。
ひとり旅ではないので、のんびり過ぎることは、出来ないですねぇ(^ ^;

ななが奥のギャラリーや展示を見られなかったから、お父さんが、みすゞさんの詩集を買ってくれました。
のちほど、ゆっくり、味わいたいと思います(^ ^)