宮島の楽しみ方⑧弥山(みせん)霊火堂・三鬼堂へ

ロープウェイを乗り継いで、上のほうの駅、獅子岩駅につきました。
ここにも、展望台があります。
でも、てっぺんから景色を眺めたいので、ココの展望台は素通りしちゃいました(^ ^)

さっそく、山頂の『弥山(みせん)展望台』を目指します!
舗装された道があるのかと思っていたら、
思っていたよりも、けっこう山道でびっくりしました(笑)

てくてく、てくてく、歩いていきます(^o^)
なかなかのアップダウンもあるので、山頂をめざすときは、元気のあるときに♪大聖院の境内について、「霊火堂(れいかどう)」へ。
ここには、弘法大師・空海が護摩火を焚いて修行したとされる場所で、
修行の際に使用した火が、約1200年経った現在に至っても燃え続けているとのことです。
「消えずの火」と呼ばれ、広島市に位置する平和記念公園の「平和の灯」の種火にもなっています。

この火で沸いた茶釜のお水は、「霊水」と言われ、「万病」や「幸福招来」の効果があるそうです。
無料でいただけるということで、さっそくいただくことに。。。
でも、モクモク煙がすごくて、中に居られず、お湯汲んで、そそくさお堂を出ました(笑)外に出てみて、明るい場所でコップを覗くと、
お湯の色に、衝撃(o_o) お茶みたいな色してる!!
恐る恐るいただきました(笑)
あ、へんな味しません。なんか、まろやか?美味しいみたい。
・・・茶釜の鉄成分が溶け出して、酸化して茶色いんだそうです。

ほんの少しお湯をいただいただけなのに、
ここまで歩いた疲れが、ホッと抜けたような気分になりました♪
気のせいかな?不思議♪ふしぎ♪
茶釜の霊水、ぜひお試しくださいですv(^ ^)vそして、「霊火堂」の右の階段をのぼってゆくと、「三鬼堂」に到着。

三鬼大権現(さんきだいごんげん)、別名、厳島三鬼坊がいらっしゃいます。
三鬼大権現は、真言宗系の天狗信仰や山岳仏教の信仰対象となる鬼神だそうです。

鬼の神を祀る御堂で、福徳、智恵、降伏の徳をそなえた霊験あらたかな弥山の守護神。
大小の天狗をお供に強大な神通力で衆生を救うとされていて、家内安全・商売繁盛にご利益があります。

天狗を従えた鬼の神様が居るって、なんだか強そうだし、かっこいいですね!
お参りを済ませて、さらに上を目指し、登って行きます!→宮島の楽しみ方
宮島の楽しみ方⑪黄金に輝く海と大鳥居
宮島の楽しみ方~番外編 カフェでひとやすみ
宮島の楽しみ方⑩大聖院(だいしょういん)へ
宮島の楽しみ方~弥山山頂で”うえの”さんのあなご飯弁当
宮島の楽しみ方⑨不動岩・くぐり岩をぬけて弥山山頂へ
宮島の楽しみ方⑧弥山(みせん)の霊火堂・三鬼堂へ
宮島の楽しみ方⑦弥山(みせん)へ
宮島の楽しみ方⑥〔世界文化遺産〕厳島神社へ
宮島の楽しみ方⑤〔重要文化財〕千畳閣と五重塔
宮島の楽しみ方④焼きたてもみじ饅頭
宮島の楽しみ方~番外編 桜の名所
宮島の楽しみ方③フェリーで宮島へ
宮島の楽しみ方②宮島へ渡る前にあなご飯
宮島の楽しみ方①路面電車(広島電鉄)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中