動植綵絵をカレイドラインズ-8

2016-06-18a
気晴らし制作。
若冲さんの『動植綵絵』の一部をカレイドラインズで。

8つめ、梅花皓月図(ばいか こうげつず)

若冲展に行って、満月と白梅の作品が多かったことが気になりました。
満月と梅は、何か意味のあるものなのかと思い、調べてみたのですが…
満月と白梅との関係は、調べてみても、どういう意味があるのかは分かりませんでした。

仏教において、満月は「大円鏡知」(万物を照らし出す智慧の鏡)の象徴であるといいます。
だから、満月を好んで描いたのかもしれないけれど。。。
寒く静かな冬を過ごしていると、春の訪れが、とてもうれしく感じますし・・・
満月の光の中、枝いっぱいに咲き誇る白梅。
夜空に、白く輝く花の美しさに、ただただ心動かされ、たくさん描いたのかも?ですね(^ ^)
2016-06-18b

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中