志波彦神社(しわひこじんじゃ)

IMG_3562
鹽竈神社さまの、お隣に拝殿があります。
拝殿内部には、白い狛狐さんの像がたくさんありました。
お稲荷様に近いのかな?
とても女性的なイメージのあるきれいなお社でした(o^ ^o)

(志波彦神社HPより)
【歴史】
志波彦神社は志波彦大神をお祀りしております。
あまり馴染みのない御神名ですが、『延喜式』の神名帳に記載されている2861社の中でもわずか225社しかない「名神大社」と言う格別の崇敬を朝廷より受けていた神社です。
鹽竈神社とは趣を別にし、本殿は黒漆塗り・拝殿は朱漆塗りの極彩色社殿となっております。
全額国費を以て造られた最後の神社とも言われております。

【御祭神の謎】
大和朝廷の統治範囲が北進するにつれ、シワの地(朝廷勢力圏の端)が遷っていったと思われ、
この地方で信仰されていた国津神(土着神)を志波彦神或いは志波姫神と呼んだものと考えられる。
農耕守護・殖産・国土開発の神としての信仰が伝わっており、農耕を生業としていた人々の守護神だったと思われる。
志波彦神社が鹽竈神社境内に遷されたのは、鹿島・香取両神宮の御祭神(鹽竈神社左右宮御祭神)の東北地方平定に協力された神だったからであろう。
IMG_3562b

志波彦神社(しわひこじんじゃ)」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。
    塩釜神社のお隣にあるのですか?
    真っ赤な鳥居は確かに、綺麗な女性を彷彿させますね(^_-)-☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中